読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユノ様の備忘録。

ユノ様の日々を記す。

[スポンサーリンク]

【想い出記】愛のメモリー 1

「I Know」のMVやらキャプ記録を漁っていたら懐かしいのが出てきたっ。

ビギシャル限定DVD「We are T~First Memories」のキャプ記録。

最近、坊主頭ユノ様に慣れた目としては非常に新鮮であの頃の想いまでが蘇って参りました。限定ものではありますが既に完売し、あれから3年…東方への想いの火を絶やさないためにも←いいのだろうか ここに記録として残します。

想い出記ゆえ、ご興味ない方はスルーでお願い致します。

 

*****

2012年12月記

通常でしたら購入したDVDは寝かせてから観るんですが←ワインじゃないんだから

しかも、エイベさんがお出しになった過去DVDの類は期待を裏切られるものが多かったため(逃)今回もさほど期待せずに寝かせチーム行きかと思ったところ、「あの世に持っていきたい素晴らしさ」との評判を耳にし←ダイオキシン発生するから棺桶に入れられないのは無念(え)
「一部分だけ…」のつもりで見始めたら…ああああああああ!!!!! そんな実力どこに隠していたんですか?エイベさんよっ!!!(驚)
映像の解像度が細かくて美しくて、まるで手を伸ばせばすぐそこにいるかのような画面の美しさに加え、構成、演出、編集がお見事すぎて、DISC1 80分くらいあるんでしょうか? 三歩進んで二歩下がりながら(笑)止めては戻し、また見て戻すという…しかも永遠に見ていたいという…。
いや、出演している当のご本人らが麗しいからですね。心もビジュアルも。
「why?」再始動から「TONE」ツアーまでの流れが、変化が、川が流れるごとく粛々と綴られていて、一言感想を言うならば、愛が溢れているなと。
彼らからの愛、スタッフの彼らへの愛、私たちファンの彼らへの愛、ユノ様とシムさん互いへの愛←変な意味でなくて(爆)
どんなに見事な演出でも、愛までは表現できません。おのずとにじみ出てくるもので。
しかもこのDVDのタイトルに「FISRT」と名付けられ、「to be continued…」と最後に流れるという粋なはからい。
まだまだこの愛が、幸せが続くのかという、それだけで豊かな気持ちになれるという。
更年期乗り切って長生きしようという(爆)。
そんな二人の「愛のメモリー」(え)を繰り返し何度も何度も観たいけれど、全編見るには一日24時間では足りず。
ならばいつでも好きな時に画像で萌えを楽しむかね?と残しておきたいあんな場面、こんな場面をキャプってみました、このクソ忙しい時期に ← ただのバカ ← 何も今やらなくても ← 娘の成長写真はクッキー缶に入れたまんまなのに(爆)

と、前置き長杉!! さっそく感動大作「愛のメモリー」(BGM しげるオッパ/嘘)で世界を綴って参りましょうか。

【DISK1より】
-EpisodeⅠ Why?[Keep Your Head Down]~Superstar-


ああ、この頃から二人を追って下さってたんすねぇ…。
1_20121229210659.jpg

二人の取り柄だけを集めて…。練りに練られた新しい東方神起コンセプト…。
2_20121229210659.jpg

食い入るように見つめて。納得行くものを作り上げようという。
3_20121229210658.jpg

今もホッソリしていますけれど、この頃はさらに細身だったんだなあ…。
4_20121229210658.jpg

と。練りに練られたコンセプト…ということは、この上目遣いもコンセプトの一つだったのか?にやにや(笑)
5_20121229210657.jpg

あああ、何でしょうね、この切ない目線は…。
7_20121229211308.jpg

からの笑顔満開!
8_20121229211307.jpg

そして優しい目線。
9_20121229211307.jpg

ちょ! そのヒョンは僕のもの的威嚇視線は??(超笑顔)
10_20121229211307.jpg

はあああんん! 先ほどのモニターチェックといい、チャーたんの衣裳チェックといい、兄貴ユン木が素敵すぎて!
11_20121229211306.jpg

の真剣な撮影風景から一転。
12_20121229211306.jpg

チャーたんもカメラに撮られているとわかっていながらの、「何してるの?」のあえてスルー。それをまたニヤニヤしながら聞いているという(笑)。この態度はよほどの信頼がなければできませんよ?にやにや。
13_20121229220248.jpg

と。すれ違いざまの内緒話??? にやつくユン木さんたら(爆)。
15_20121229220247.jpg

懐かしいお衣裳だー。
16_20121229220753.jpg

幕張イベの時の楽屋でしょうか。マタギなつかしー。
17_20121229220752.jpg

あくびをかみ殺し、鼻の穴が膨らんでしまい…
18_20121229220752.jpg

ミラレチャターなきゃわいいお顔(笑)!
19_20121229220751.jpg

ちょ! チャーたんのお尻をポンとセクハラユン木さんっ!!しかも動じないし!!(爆)
20_20121229220751.jpg

なんなんすかねぇ…トーク担当ユン木さんの後ろをモグモグしながら映り込むのは…。同じ空間にそんなに居たいのか?お?(超笑顔)
21_20121229220751.jpg

一度去って、また登場してるし(笑)
22_20121229221746.jpg

スパスタMVですね。…ああ…。このメガネの型は本国ではかっこいいくくりなんすかね?(悩)
23_20121229221746.jpg

盛大にデュフっております。
24_20121229221745.jpg

さらにデュフりが止まらない(笑)
25_20121229221745.jpg

キタワアアアアアア!!! いろんな意味で凄い映像ですね。髪型といい、お胸といい、シースルーの衣裳といい(鼻息)
26_20121229221744.jpg

おっと、チャーたん、イケメントレンチの下はビーサンかいっ!!
27_20121229221744.jpg

ダメーッ!! って可愛すぎて(涙)
28_20121229222335.jpg

瞬時に世界に入り込むのが凄いよなぁ…そして安定の上目遣い…(笑顔)
29_20121229222334.jpg

ほぅ…お肌の美しいこと…そして顔近すぎて…互いの香りが、今や安心する香りとなっているんじゃないでしょうか。って、わたくしにとってのそれはワンぐらいだわ(爆)
30_20121229222334.jpg

31_20121229222333.jpg

爽やかに切り替わり…
32_20121229222333.jpg

ほらほら、また頭が寄ってますよ?(笑顔)
33_20121229222332.jpg

からの、はあああ、男の色気が…
34_20121229223524.jpg

チャーたん撮影中の横で、またもやトーク担当ユン木さん。
35_20121229223524.jpg

サービス精神旺盛すぎて
36_20121229223524.jpg

アマゾンも大サービス!!
37_20121229223523.jpg

うぉぉぉ!カメラになりたいっ!!(素)(爆)
38_20121229223523.jpg


-EpisodeⅡ a-nation 2011-

2011、二人での初エイネリハでございますが…その気取りのなさすぎる恰好が(笑)
39_20121229223522.jpg

あああ、黒ユノ様登場…。
40_20121229224131.jpg

うんうん、OK! で、チャーたん、その帽子…。
41_20121229224130.jpg

テンション高いですっ! きゃわわ!
43_20121229224129.jpg
44_20121229224129.jpg

まさに今、舞台に登場する瞬間の厳かな一瞬…。
45_20121229224128.jpg

「花火ーー!」とはしゃぐ姿は同じ人? 隣の兄貴もびっくり(笑)
46_20121229230311.jpg

周りの人との温度差が(笑)。しかし本当に嬉しそうで泣けてくるわ。
47_20121229230311.jpg

こちらの方も夏休みの少年のようなハットが可愛くて。
48_20121229230310.jpg

チャーたん本能のまま、大食い健在で嬉しいお!
49_20121229230310.jpg
50_20121229230309.jpg
51_20121229230309.jpg

対照的にユン木さんは舞台前はあまり食べずに終演後にがっつり召し上がると。
52_20121229230813.jpg

そんなお衣裳で卓球神起なんて! 目の毒すぎる件(笑)
53_20121229230813.jpg

そして終了…やきにく~♪ 思う存分召し上がれ~!
55_20121229230812.jpg

BUTの謎のMVでしたね。…が、この気合たるや!
56_20121229230811.jpg

バッサリ(笑)
57_20121229230811.jpg

カラコン、はあああん!
58_20121229232832.jpg

何でしょうか、赤髪さん挟んで距離は離れていても通い合った笑顔といいますか…(笑顔)
59_20121229232832.jpg

スギちゃん衣裳で語る二人。
60_20121229232831.jpg

なんすかあああ!!! このクソ可愛い子はああああ!!!(号泣)
61_20121229232831.jpg

わーいわーい的なこの構図(笑顔)←泣いたり笑ったり忙しいっちゅうの(笑)
62_20121229232830.jpg

アルバムの歌詞を暗記中でしょうか。日本語を理解して感情を入れて…大変な作業だよなあ。
64_20121229233529.jpg

段々とモモちゃん仕様になってきていますね。
65_20121229233529.jpg

でたああああ!!! 伝説のカレーうどんがぁ、こーんなに大きかったんですよぉ!!!とあっさりスルーする黒ユン木さん(爆)
66_20121229233528.jpg

67_20121229233528.jpg

そしてカレンダー撮影に。屋外の二人はいつも以上に楽しそうにいきいきしておりますね。
68_20121229233527.jpg

しかも萌え袖…(震)
69_20121229233527.jpg

はいはい、嬉しいんですね。
70_20121229234117.jpg

ああああああ、><がでたあああああ!!!
71_20121229234117.jpg

ちょ! 手を握りあわなくても!
72_20121229234116.jpg

ごふっ……恥ずかしくて隠れちゃうんすか?あ?乙女すぎるだろ!!(爆)
73_20121229234116.jpg

はあああああ…この子…さらっていいですか?(爆)
74_20121229234115.jpg

お?チャーたん、夏休みの観察日記の宿題ですか?
75_20121229234115.jpg

さっきまでユン木さんが兄貴だったのに、今度はチャーたんが余裕のポーズ! そしてワンに嬉しそうなユン木さん!「言われたのが犬と一緒に撮影するんだって。わあああ!わんちゃーん!」←可愛すぎて苦しい(涙目)
76_20121229234547.jpg

ふぅ…何だか見てはいけない二人の秘密の日記を覗いているような気持ちになってきました(爆)
77_20121229234546.jpg

おぅふ…ワンを優しく見つめるチャーたんと、そんなチャーたんを見つめるユン木…わたくし、おつでーす(爆)
「今日の僕の友達、ジェイブ (まあた友達できましたか) いつかは、また会いに行きます。待っていてくれ。
(みんな友達って結構多いですね。) うん。わがままで、ほんとカッコ良かったです。(ほんとわがままです。)」
78_20121229234546.jpg

おいおいおい! 家のリビングと錯覚しそうじゃねえか、そのあくびで寄り添うお姿は!(爆)
79_20121229234545.jpg

ああああ、イケメンすぎて辛い…(吐血)
80_20121229234545.jpg

からの、「晴れて~ お願いよ~でてきたぞ~ おお ありがとう」が可愛すぎて26秒意識不明となりました(爆)
81_20121229234545.jpg

楽しかった夏のバカンスは終わり(違)、またまたエイネにやって参りました。このメガネ、こうして見るといいかも! おっと、「I love Changmin」シャツですね?(爆)
83_20121229235246.jpg

X JAPANのステージを真剣に見つめる二人。
84_20121229235246.jpg

左斜め後ろの方の衣裳が気になりますが、それは置いといて、この時、ラスティネイルやWe are Tの構想が出てきたんでしょうか。
85_20121229235246.jpg

出演前のファイティンで揺れるユン木さんを抑えるチャーたん(笑)
86_20121229235245.jpg

あ! 出演時間がすぐそこなのに、靴の紐を縛り直していると…
87_20121229235245.jpg

切れちゃった…
88_20121230000119.jpg

咄嗟の機転か、他の人のシューズの紐を入れて結び直し…
89_20121230000119.jpg

周りも焦らず見守ります。
90_20121230000118.jpg
91_20121230000118.jpg

さあ、舞台へ! 出演前のこぶしコツンを!
92_20121230000117.jpg

無事終了!(涙) 水分チューのお顔が(∵)まんますぎて(笑)
93_20121230000117.jpg


ここまでの名語録。
C「一緒にやってきているのがもう10年くらいになってるんですけどいろんなことを一緒にやってきたりたまには喧嘩もしたりそうしてきたんですけどやっぱり、凄く頼りになる仲間だと思いますね。
喧嘩したとしてもいないと…ちょっとさびしくなるそういう…。」

Y「チャンミンはまず男らしいですね。うん、あ、男らしいよりは性格がちょっとクールな性格を持っているから、それが僕にとって、うん僕と似合うなあって思ってます。そしてチャンミンは、背も高いし格好いいし、それじゃなくても、実は心もですね、優しい人ですよ。表現するのがちょっとクールなんで。」

C「ユノのダンスについて話せばいいんですね。……しゅてきです。凄くしゅてきです。」


Y「チャンミンのパートの中で、そそのかす…そそのかすって発音があるじゃないですかぁ。初めて聞いた時、僕、そそのかすじゃなくて、そのとんかつだと聞いて、あれっ、とんかつだっ!って思って。あ、韓国で、とんかつが、とんかすです。で、そのとんかすーって覚えて(笑)」

Y「戻っちゃいました。あー、今、チャンミンがいないから淋しいですね。後でチャンミンと一緒にコメントを録るんですけど、チャンミン、早く来てっ!待ってるからっ!」

Y「皆さんのシューパースターになりたいユノでした。これ、どうして…大丈夫かなっ??あれ?どうしよ、これっ」

C「(ユノが闘っているのは見てないですか?) まったく見てないです。」


ほおおおおおん!! ここまでで相好崩れっぱなしのただの怪しい婆なようで、通りすがりの家族の方に「史上最高に気持ち悪い笑顔」と呟かれたことをご報告し(笑)、画像大杉ゆえ、その2に参ります

(本日も記事、画像をお貸し頂きありがとうございました。)

スポンサーリンク