読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユノ様の備忘録。

ユノ様の日々を記す。

[スポンサーリンク]

【想い出記】愛のメモリー 3

想い出記

愛のメモリー2の続編となります。

過去の記録ですので、ご興味ない方はスルーのほどお願い致します。

*****

【DISK1より】
-EpisodeⅣ TONE-

わたくし的萌えの山場はスペイン編がピークだったようで(笑)、ここからは麗しい表情とか、印象的場面などが続きます。ゆえに、粛々とどうぞ。

シンガーソングライターシリーズ マゼンダ編。唄う兄貴をどんな離れたところでも見つめるシムさんがいいですねぇ。←あんたバカですねぇとは思っていないはず(笑)
179.jpg

仕方ねえなあ的表情ながらも、一緒に振りにつきあうチャンミンさんが好きだ(笑)
180.jpg

日本での二人初めてのアルバムでした。
182.jpg
183.jpg
184.jpg
185.jpg

ああ、アルバムファンイベ…。思いがけずな参加席だったため、視線はある一点のみ目に入るというアクシデントがあったような(謎)。
186.jpg


-EpisodeⅤ Winter ~Winter Rose/Duet -winter ver.- -

ほのぼの家族写真ですか?(笑)
187.jpg
188.jpg
189.jpg

この優しそうなパパがアックの虎になるんだから、人ってわからない…(笑)
190.jpg

このMVは美しかったですね。「I know」とは真逆の世界(笑)。ビジュアルも良かった…。
191.jpg

192.jpg

こんな麗しい人が窓辺にいたら、外から覗きたいという。←即逮捕(笑)
193.jpg

194.jpg

あの頃は「いつ切るのか?」と言われていましたが、今思えばこのふわふわが懐かしいような。
195.jpg


そして、念願の二人の単独ライブ「TONE」です。
座長ユノ様の貫録たるや。
197.jpg

そして自由に動くユノ様を冷静にいつも見つめ、フォローをしてからこその、完全体な東方神起が生まれるという。
196.jpg

198.jpg

リハのリーダーユノ様はかっこいいです。厳しく、時に優しく。一年前頃だったか、「Why?」の二人ダウンを着てのリハで、「僕も脱ぐの?」と聞くシムさんに「お前は着てろ。俺は脱ぐから」と韓国語で指示する姿がかっこよすぎて倒れました。
199.jpg

200.jpg

201.jpg

ハイタッチ!
202.jpg

203.jpg

あ?横山やっさん?やっさんなの? どこぞの関係者の方なのか、気になって眠れない(嘘)
204.jpg

開演前、座長のお言葉。
205.jpg

「あれ、日本語でなんていうんだ?チャンミーン」と耳打ちせずとも直に聞いてもよさそうな…いやそこには恥じらいが?で突然の耳打ちに一同、凝視しすぎ(笑)
206.jpg

しかし。シムさん、声に出して「油断!」とバッサリ(笑)。
207.jpg

「ダイジョウブ」とポンポン。シムさん、頼れる~!
208.jpg

いつこんなセクチーな表情を覚えたんですか?あ?
209.jpg

イェーイと目線はカキヤン、ハイタッチはシムさん(笑)
210.jpg

211.jpg

212.jpg

213.jpg

甲斐甲斐しくユンホルを配る内助の功(違)
214.jpg

おいおい! どんだけヒョンが来るのが楽しみなんだ?あ?(笑顔)
215.jpg

いったん演技や歌の世界に入るとカリスマオーラ半端ない男が、素に戻ると、するっと人の懐に飛び込むというのは、大人になって中々本音を出せない男性諸氏の目から見て、可愛いというか、何とかしてやりたいなこいつという感情を持たせるんじゃないでしょうか。なかなかギュッと抱きしめられるなんてことはないですよ。
216.jpg

そして、最後のキタワアアアアア!!!
ユノ様撮影中に眠ってしまうの巻!!
218.jpg

「ん?」
219.jpg

ひらひら…
220.jpg

とんとん…
221.jpg

「ううん?」
222.jpg

「あっち」「ぽわーん」
223.jpg

「ふふふ」「ぽわーん」
224.jpg

「本当に寝てたの?」
225.jpg

「うん…」
226.jpg

「ええええ(笑)」
227.jpg

嬉しそうなシムさんの顔をじーっと見つめる…
228.jpg

まだまだ見つめる…って、見つめてどうすんだ(笑)
229.jpg

ふっふっふと笑いながらの安定のゼロ距離感がキタワアアアア!!(爆)
231.jpg

からの、ああああ、見つめられて充電されてのお色気目線炸裂ですね?はいはい、わかりました(笑)
232.jpg

いやあ、この一連の流れ。自分ですと、相手を「起きて?」ともっと強く揺らすか、おーいと叫んだりしそうなんですが、シムさんはまずはひらひらで確認し、ソフトタッチにとんとんと叩くという。これは恥をかかせないよう? あるいはいくら近しくても年上の人に出すぎた態度はという配慮からなのか? や、普段はどうだかわかりませんけどね?タライをガーンと落とすとか(爆) こういう場での自然な配慮にちょっと感動してしまいましたのよ。見習いたいものです。

モモさんの頃ですね。好きな子にちょっかい出したい小学生にこういうピースなんてのがありましたね(笑)
233.jpg
234.jpg

いよいよドーム出陣です。
235.jpg

ああ、身体の向きが向かい合わせの方向にね。はいはい(笑顔)
236.jpg

頑張ろう!
237.jpg

そして感動の場面…。
238.jpg
239.jpg
240.jpg
241.jpg
242.jpg
243.jpg
244.jpg
245.jpg
246.jpg
247.jpg
248.jpg
249.jpg
250.jpg
251.jpg
252.jpg
253.jpg
254.jpg
255.jpg
256.jpg
257.jpg
258.jpg
259.jpg
260.jpg
261.jpg
262.jpg
263.jpg


ふとしたきっかけで東方神起と出会い、こんな才能溢れた興奮するグループをなぜ今まで知らなかったのか…と遅すぎる出会いを嘆き、けれどギリギリ五人で作り出す生の世界を味わうのには間に合い、間に合って、それを見てしまったからこその今度は苦しさに出会い。
けれど五人の目指す方向性が違ってきたのだからとそれを認め、それぞれの新しい道を応援し、明けない夜はないと信じて、そして確かに朝がやってきて…その明けた朝からの記録が、この「愛のメモリー」なんだなと。←「愛」はタイトルには入っていません←正確には「We are T」です(爆)

先日、9周年を迎えましたが(注:2012年)、始まりから数年前までは五人で切磋琢磨し築き上げた土台で、その土台があってこその今の二人と思っているので、バッサリその土台の時代を無かったことにすることは出来ません。
ただ、あの時は五人の生み出す世界が私に幸せをもたらしてくれたけれど、時を経て、彼らの方向性が変わったように私も変化し、今は二人の生み出す世界が何より心地よいものだというのが「愛のメモリー」を観ての想いです。←だから正式タイトルに「愛」は入っていません(笑)

どんだけジェットコースターなヲタ活な日々だろうとて、振り落とされようと決して手を離さず、富士急ハイランド並の振り方だってへっちゃらに乗車し続けているのは、そこに愛があるからです。
ええ、婆の辞書に「動じる」という文字はありません(爆)。
「ずっとそばにいるよ」と誓い、「俺バカだから信じるよ?」「ネー!」と約束した男が私たちを信じる限り、そして「もっともっと頑張ります」「進化します」と言い続ける限り、どんなに振り落とされそうになっても離れねぇよ(笑)。

今年もまた様々な信じられないニュースが届く中で、希望と感動を与えてくれた出来事に山中教授のノーベル賞授賞がありますが(注:2012年)、その授賞コメントで「授賞したこの時より、ノーベル賞は私にとって過去のものとなった。これから一科学者として、やるべきことを粛々とやっていきたい」と述べられ、この言葉に「毎日が人生のピークの中で、この1日は二度と戻れない。だから後悔のないように、まずは精一杯やるだけ。そして次はどんな冒険が待っているんだろう、その未来が本当に楽しみでワクワクしている」という、いつも前を向くユの様の言葉と重なりました。
そして山の頂上に何が見えるか…皆さんも一緒に見届けて欲しい…とまで言われちゃ、ああ婆は命果てる日まで見届けるよ、中腹でタイミリミットかもしれないけれど(笑)と誓わずにはいられません。

【END】
*****

いやあ…暑い、暑苦しいよ、あんたの想いは(爆)。

2012年のあの頃、どれだけ好きだったんだろうね。あれからすぐに某匙事件やら、東方界もいろいろあって、月日を経たのもあるけれどわたくしも落ち着いたファン活となりました。そして、続編はいつなんだよ!と言っていた「We are T ~Second Memories~」が、この2月24日に発売となりましたが……まだ買ってないし(爆)。や、お帰りまでに時間はありますからね、少しずつ、少~しずつ自分のペースで揃えて参りますよぉ、フィルムコンもあることだし(言い訳か/笑)。

(本日も画像をお貸し頂きありがとうございました。)

スポンサーリンク